みのる食堂★3

みのる食堂
(みのるしょくどう ×実る食堂、ミノル食堂、みのるカフェ) 
★★★☆☆

前回書いた三越リニューアルの記事で行った店です。

   東京近郊で育まれた
   野菜を中心とした旬の食材を
   日本人に馴染みのある
   和洋食のメニューで味わえる
   銀座の食堂

と看板に書かれています。


私たちが店に着いたのは11時40分。
この時点で12人待ちでしたが、交替で並ぶことにして、並んでいない方は探検したり、子どもと屋上庭園で遊んだりしていました。

12時には列は20人位になり、私たちが入店したのは、12時10分位。

店内は一部吹き抜けになっていて、天井が高く、屋上庭園や銀座の街並みが見えて、広々としています。
遠くにはスカイツリーも見えます。

 

【みのる食堂:オーダー】

オーダーしたのは、私が

 玉葱たっぷり“げんこつ”メンチカツ 1,680円
 〜玉葱たっぷり! 旨味が詰まったジューシーメンチカツ〜

妻が、

 鶏味噌漬けと香味野菜のどんぶり  1,580円
 〜こだわりの味噌で漬けた国産鶏と香味野菜をのせたどんぶり〜

そして子どもたちに

 お子様プレート 730円
 〜ご飯、ビーフハンバーグ、季節の温野菜、皮付きフライドポテト、
 デザートがついたプレートです〜

です。子ども(3.5才,2才)は二人で一つです。



みのる食堂:この日のランチみのる食堂:店頭みのる食堂:吹き抜けになっています
この日のランチ店頭吹き抜けになっています


【みのる食堂:お総菜はビュッフェスタイル】

待っている間に、お総菜を取ってきます。

お総菜は野菜の美味しい料理が多いです。

みのる食堂:白菜の浅漬けみのる食堂:なすとねぎ南蛮漬けみのる食堂:カボチャとブロッコリーの煮びたし
白菜の浅漬けなすとねぎ南蛮漬けカボチャとブロッコリーの煮びたし
みのる食堂:(料理名メモ忘れました)みのる食堂:とまとサラダみのる食堂:インゲンとキュウリとツナのマヨネーズ和え
(料理名メモ忘れました)とまとサラダインゲンとキュウリとツナのマヨネーズ和え
みのる食堂:シャキシャキスティック生野菜
シャキシャキスティック生野菜

ただ、野菜スティックはイマイチ
妻は大根が苦いと言って食べられませんでした。


白菜の浅漬けは良い塩加減でした。
一番美味しかったのは、トマトのサラダ。
イタリアンな味付けです。

お代わりをしようと思ったら無くなっていて、代わりに「インゲンとキュウリとツナのマヨネーズ和え」が出ていました。
入れ替わる事もあるようです。

この「インゲンとキュウリとツナのマヨネーズ和え」も美味しいです。ツナやマヨネーズが好きなのもありますが。
お総菜の中で唯一おかず能力があります。


その他、お総菜コーナーの隣には

  お米 新潟産コシヒカリ
  お味噌 福岡県耳納連山 手作り麦味噌
  お野菜 東京都西東京市直送 地元野菜

と書いてありました。


鶏味噌漬けと香味野菜のどんぶり【みのる食堂:メイン料理の味は】

次はメイン料理。

「鶏味噌漬けと香味野菜のどんぶり」から。

見た目、ご飯は盛りが上品です。男の人には足りないでしょう。

さて、一口。


う〜ん、この味噌がうまい!。

甘すぎないけど、少し甘みがあります。
トリは香ばしく焼けています。
そして、ネギが美味しい。ネギの白い部分が、ちょっともちっとしています。


ご飯も美味しいです。こちらももちっと感あり。

玉葱たっぷり“げんこつ”メンチカツ続けて、私の「玉葱たっぷり“げんこつ”メンチカツ」です。

見た目が美味しそうです。
箸で割ってみましたが、肉汁がジュワッと出て来るわけではありません。
でも、食べて見るとジューシーです。不思議。
脂っこいようですが、サッパリしています。

満足満足。

決して、野菜だけの店ではなく、肉も美味しいです。


食後のコーヒーは、有機シュガーがついていました。

広いし、野菜も沢山食べられます。
少し高いけど、三越の中ではしょうがないかな。

このブログ記事について

このページは、銀座で一人暮らし管理者が2010年11月16日 23:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「銀座三越リニューアルオープン」です。

次のブログ記事は「シュタインハウス銀座★5」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja