生地から作るピザのレシピ

今回はピザ作りに挑戦。
生地から作ります。

最近買ったオーブンレンジについていたレシピを参考にします。

【ピザの作り方:ピザの材料】
(20〜25cmのピザ3枚分)

<生地>
強力粉 360g
ドライイースト 6g(小さじ2)
(予備発酵の必要の無いもの)
砂糖 大さじ1.5(21g)
塩 小さじ1(7g)
牛乳 210ml(室温)※250ml→210mlに修正 2010/12/28
バター 15g(室温で溶かす。電子レンジを使う場合には加熱しないように)

<ベース>
ピザソース
とろけるチーズ 200g
オリーブオイル少々
塩・コショウ 少々

ピザの作り方:トッピング<トッピング> お好みで

長ネギ 1/2本(ピザーラ ねぎべい風用)
タマネギ(スライス) 1個
ピーマン(輪切り)1個
ジャガイモ(中)(輪切りしてレンジで2分)
トマト(スライス)1個
しめじ
コーン(缶詰や冷凍)少々

ベーコン 4枚
サラミ 10枚

マヨネーズ

他にもツナや、海老、ウインナーなどお好みで。
宅配ピザには無いものを作るのも面白いです。


【ピザの作り方:生地作り】

◆生地をこねる

ボールに強力粉を入れます

ピザの作り方:強力粉に材料を入れます。真ん中にくぼみを作って、ドライイースト、砂糖、塩、牛乳を入れます。
ドライイーストは日清のスーパーカメリアというものを使いました。

ピザの作り方:牛乳を入れます周りの壁を崩しながら混ぜて行きます。

ピザの作り方:混ぜますまんべんなく混ぜて行きます。

ピザの作り方:溶かしたバターを入れます溶かしたバターを少しずつ加え、こねます。
室温でも溶かせますが、最近買ったレンジで、設定を40度にして溶かしました。

ピザの作り方:まとまって来たらまとまるようになったら、板に打ち粉(強力粉)をして、板に叩きつけます。耳たぶぐらいの堅さになるように、打ち粉で調整します。(柔らかい時は打ち粉を増やす。固すぎたら水や牛乳を足す。)

ピザの作り方:半分に折り叩いたら、半分にたたみ、のばし、また叩きます。

ピザの作り方:また叩きますムラにならないよう、回転させるなど、均一になるようにします。
これを100回〜150回位繰り返します。結構大変。

ピザの作り方:球形にします◆1次発酵

こね終わったら球形にします。

ピザの作り方:1次発酵の前耐熱ボールに入れラップをします。

オーブンの40度(余熱無し)で40分〜50分発酵させます。
(ドライイーストが少ない場合は長くする)

ピザの作り方:1次発酵の後時間がたったら倍位の大きさになっていると思います。

ピザの作り方:フィンガーテスト真ん中に打ち粉をつけた指を刺します。(フィンガーテスト)
ここで穴が残ればオーケー

ピザの作り方:穴が残ればオッケーすぐに塞がるようなら発酵不足なので、時間追加。
しわが寄って生地がへこむのは発酵しすぎです。

打ち粉を指につけていないと、生地が指にくっついて戻ってきます。

ピザの作り方:穴が残ればオッケー発酵がオーケーであれば、軽く押してガス抜きします。

そして、3等分して、それぞれを球形にして、固く絞ったふきんをかけ、20分ほど休めます。(ラップでもオッケーです。写真は3等分にする前に休めてしまった所です)

ピザの作り方:生地を伸ばします◆成形、トッピング

時間がたったら、生地を丸くのばします。
20〜25cm程度。(オーブンに入る大きさで)

私はすりこぎでのばしました(笑)
ラップの芯でも、ビニールパイプでも何でもいいと思います。
手でのばすといびつになりますが、それも味があって良いです。


次は、オリーブオイルを薄くぬり、市販のピザソースを塗ります。
(Aのねぎべい風はピザソースを塗りません)

チーズを乗せ好きな具材をトッピングします。
(Bのポテマヨはポテト、マヨネーズの上にチーズです。

ピザの作り方:トッピングしたものC私は3枚を以下のようにトッピングしました。

A) ピザーラのねぎべい風
 長ネギ
 ベーコン(2枚を一口サイズに切った物)
 しめじ

B) ピザーラのモントレー風
 タマネギ(1/2)
 ジャガイモ(1個)
 マヨネーズ
 ピーマン(1/2)
 トマト(1/2)
 ベーコン(2枚を一口サイズに切った物)
コーン

C) オーソドックスなもの、上記のあまり
 タマネギ(1/3)
 コーン
 サラミ
 しめじ

ピザの作り方:子どもに手伝ってもらいますお子様のいるご家庭では、子どもにトッピングを手伝わせてあげると大喜びです (^^


ここからオーブンに入れます。

トッピングしてからオーブンに入れる時に崩れてしまうのですが、クッキングシート(オーブンシート)の上でトッピングして、シート毎オーブンに移すとうまくいきます。

◆焼く

私はガスレンジについているグリルで焼きました。
下強火、上弱火で6分位。
オーブンレンジのオーブンで焼いても構いません。
トースターでも焼けると思います。

焦がさないようにチェックしながら、焼けたら完成!
(うちのグリルはレンジについているグリルで、天火が近いのでどうしても焦げてしまいます。)
クリスピータイプのはずだったんですが、結構ふくらんでいます。

何はともあれ完成!

ピザの作り方:モントレー風ピザのできあがり【ピザの作り方:食べる】

ピザ生地が食べられるものになっているか少し不安ですが…

( ^0^)_D イタダキマース

うん!美味しいです。
ピザ生地は充分食べられる、というか美味しい。
きちんとふくらんでいるし、柔らかいです。
クリスピーというよりパン生地のようになっていますが、やっぱり作ったものは美味しいですねぇ。

ピザの作り方:こちらも美味しいできたてのおいしさというのもあります。

チーズも存在感があります。

それから、立体感がある、と言ったら変でしょうか?
チーズ、タマネギ、サラミなどの具材がつぶされていないんですね。

宅配ピザでも冷凍ピザでも、こんなに立体になっていないと思います。

それだけ、トッピングそれぞれの味が引き立っているのです。

ピザの作り方:子どもはお世辞をいいません子ども達も美味しい!美味しい!と言って食べてくれます。
子どもはお世辞を言わないので美味しいと言われると嬉しいです。

宅配ピザって、ちょっと贅沢ですが、自分で作ると原価も安いので、またやろうと思います。
生地を打つ手間だけが大変。

このブログ記事について

このページは、銀座で一人暮らし管理者が2010年12月 7日 00:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シュタインハウス銀座★5」です。

次のブログ記事は「テキサス2バーガーを食べた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja