中華第一樓の冷やしそば★3

| コメント(1)

中華第一樓★★★☆☆
(×中華第一楼)

冷やし中華が食べたいと言いだしたので、この辺で美味しそうなところを検索して行ってきました。

前から看板は気になっていた店です。銀座2丁目中央通り沿い。メルサの向かい側です。
他にも共楽や、天龍の冷やし中華も気になったのですが、まだ行ったことの無い中華第一樓にしました。

中華第一樓は地下の店なので、入り口の階段の前にメニューがあります。

うーん、高い。
まぁ、ここまで来たから入ってみよう。

下におりると、土曜の午後のせいか席はまばら。
ホールの男の人は森本レオに似ています。

焼売が名物らしいです。それから、1901年創業だそうです。スゴイ。

やっぱり、ビールに焼売という事でとりあえず、ビールと焼売をオーダー。

食事の方は、一品は冷やしそば(冷やし中華)に決まっていたので、もう一品を悩みます。

結局五目チャーハンにしました。

生(中)550
焼売2個 550円
冷やしそば 1800円
五目チャーハン 1500円
杏仁豆腐  500円

これにサービス料10%(485円)と消費税(267円)がついて二人で5602円でした。
土曜の昼飯なのに・・・(^^;

中華第一樓待つこと数分、焼売が出てきました。
ここのも(やじ満にいったばかり)結構大きいです。

食べてみると美味しいけど、ちょっと上品かな。

この店の焼売はカラシ醤油で食べました。
やじ満の焼売はソースが合いましたが、中華第一楼の焼売はソースは合はない感じです。

中華第一楼冷やしそばは変わっています(笑)
冷やし中華というと丸いお皿に盛られているイメージですが、ここのは細長いのです。

具も焼き豚の他に鶏肉も乗っていたりさすが1800円。

タレも酸っぱさの中に甘みがあって美味しいです。
でも高いなぁ。

場所代+伝統代でしょうか。
お客さんも結構増えていますが、みなお金持ちがラフな格好で来ている感じです。

中華第一樓チャーハンはまぁ普通かな。
味が薄かったので塩をもらったら美味しくなりました。

チャーハンのスープは醤油味の茶色いスープではなくて、透明のスープでした。
これも味が薄かったので塩を入れたらちょうど良くなりました。

中華第一樓杏仁豆腐はイマイチでした。
寒天みたいでした。

店名 中華第一樓
よみ ちゅうかだいいちろう
料理の種類 北京料理
最寄り駅 銀座 / 有楽町 / 東銀座 / 銀座一丁目 / 宝町
住所 東京都中央区銀座2-6-5 銀座越後屋ビルB1(地図
電話 03-3564-5060
お店HP http://www.ginza.jp/daiichiro/
定休日 無休
平日 11:30 - 20:30
土曜日 11:30 - 20:30
日曜・祝日 11:30 - 20:30

コメント(1)

場所代+伝統代 これって銀座だからねー

もう 銀座のお店もいいとこ 全部いって
しまったら どうします??

まー そんなことはないか。。(笑

このブログ記事について

このページは、銀座で一人暮らし管理者が2006年7月15日 01:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ビーフシチュー@古窯★4」です。

次のブログ記事は「牛庵の和牛鉄板すきやき★4」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja